川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest by Ryuji Kawamura
川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest

川村龍二の攻略ブログ

 パチンコ・パチスロの攻略プロとしての経験を活かし、ライター業や雑誌編集業も務める。現在、TVやホールイベントなど様々な分野で活動中。
ブログトップ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
設定変更後の挙動
 昨日は竹書房の原稿を徹夜で仕上げ、そのまま朝から打ちに行きました。当初は『ヒデキに夢中』の⑥でも狙おうかと思っていたのですが、またバケに偏られるのが嫌だったので、仕方なく1/4で⑥入りと謳われていた『北斗の拳』のシマに…。

 イベント自体にガセは多くても⑥はそこそこ入れてくるだろうとシマをチェックしてみると、朝イチ何故か1Gだけ回ってある台が多数。おそらく回した人間はリールのブレで設定変更を見抜こうとしたんでしょうけど、こういった中途半端な知識から客層のレベルの低さが窺えます。

 そもそもアルゼ・サミー系の機種で使えるリールのブレによる設定変更判別は…
1.設定変更後1Gも回さないホール
2.設定変更後リールを動かさない

というのが第一前提です。

 例え1Gも回していないホールでも、朝イチ777になっていれば設定変更の有無に関わらず、必ずリールはブレてしまいます。また、朝イチ777になっていないホールでも、設定変更後に1G回していれば、客が打つ1G目にはリールはブレません。このように条件が限られているため、実質この判別法を使えるホールはなかなかありません。

 朝イチ777になっていないホールを見付けたら、閉店間際に翌日イベント予定のシマの最終出目をチェックしてみてください。次の日も同じ出目で設定変更されてたら、そのホールではこの判別法が使えます。朝イチたった3枚で判別できるので、もし使えるホールがあれば立ち回りに大きく貢献してくれることでしょう。

 そんなワケで、北斗のシマが色々食い散らかされていたなか、1Gしか回していない台に着席。打ってみると…明らかに高確! そのまま打ち続け、BB後の高確移行率・小役確率共に⑥っぽい挙動。夜には⑥札も刺さって、最終的にはBB155回で9600枚獲得! 少しダラダラ打っていたので8500Gしか回せなかったのと、BB中に閉店を迎えたことが唯一の心残りでした。

たいしたコラムではありませんが、たまにはクリックしてやって下さいまし…。
人気blogランキング

[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-27 14:47 | コラム
<< 大崎一万発氏の…   ヤツらが私を… >>