川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest by Ryuji Kawamura
川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest

川村龍二の攻略ブログ

 パチンコ・パチスロの攻略プロとしての経験を活かし、ライター業や雑誌編集業も務める。現在、TVやホールイベントなど様々な分野で活動中。
ブログトップ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
原稿料とは…!?
 最近は、これから起ち上げるサイドビジネスに時間を取られてしまい、ブログの更新がおろそかになってスイマセン…。ビジネスの内容は今は言えないですけど、時期が来ればそのうちブログで紹介させていただきます。その時はよろしくお願いします。


 今回のテーマは原稿料について。皆さんにとってもパチンコ・パチスロ誌は身近な存在だとは思いますが、原稿料についてはインサイダーでないと知る由もありません。意外とライター業って貰えないんですよ…。


 コラムなどの読み物の原稿料は、基本10,000円となっていて、キャリアや人気によって変動します。私はパチスロ雑誌を編集していた元編集者でもあるので、文字校正(誤字脱字をチェック)も含めて交渉します。交渉に交渉を重ね、今の竹書房さんにはページ20,000円をいただいています。この金額は破格で、私なんぞがこんな金額をもらっているのも申し訳ないぐらいですが、情報提供(相場は10,000円)も含めての値段なのであしからず。


 漫画の原作料は以前にもブログで書いたように、基本はページ3,000円となっていて、漫画が20ページなら20×3,000=60,000円です。この他にも原作一本50,000円みたいな交渉があり、こちらは漫画のページ数が少なければ少ないほど得となります。ただあまりにもページ数が少なければストーリーものとして成り立たないので、こちらの交渉はできません。


 漫画家の原稿料はピンキリです。私が起用していた作家さんは平均すると12,000円ぐらいですが、新人作家ならページ8,000円スタートが相場です。それでも20ページ書くので、収入的には20×8,000円=160,000円となり、生活はできるレベルではあります。ちなみに某有名漫画家は、コピーを貼りまくった、漫画とは言えない最悪なデキなのに、ページ25,000円もします。コピーを貼るだけならアシスタントでもできるので、本数がこなせ、その方は大体月に100ページ以上は書いている……つまり、それだけで2,500,000円になるのです。


 原稿料の相場はこんな感じですが、もし単行本化となれば、そこにまたお金が貰えます。単行本を出すときの取り決めとして一般的なのは、単行本の部数に対して10%の印税が発生する、いわゆる印税契約です。ただ、この印税契約は部数がある程度捌けなければ意味がありません。そこで部数的には少ないパチンコ・パチスロの単行本は、印税契約ではなく、漫画に使われたページ単価の半額を作家に支払う再録料で契約するのです。


 半額と言っても再録料はバカにできません。単行本は200ページ前後なので、仮に200ページとして新人作家8,000円の半額4,000円としても、800,000円が一気に入ってきます。この収入こそが、作家陣にとっての“ボーナス”となっているのです。


 その他にも原稿料には色々とあります。もし皆さんが気になる点があったらコメントして下さい。分かる範囲でお答えします。



更新頻度が落ちると、やっぱり順位も落ちますね…。
↓↓↓
人気blogランキング

[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-10-31 05:09 | コラム
<< 忙しいです…   Pブレスト出演 >>