川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest by Ryuji Kawamura
川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest

川村龍二の攻略ブログ

 パチンコ・パチスロの攻略プロとしての経験を活かし、ライター業や雑誌編集業も務める。現在、TVやホールイベントなど様々な分野で活動中。
ブログトップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ゲームの歴史
勝とうぜ.com筋肉バカナイスガイkennさんが、自身のブログでドラクエの復活の呪文のことを書いたのを見て、なんだかノスタルジックな気分になりました ( ´‐ω)y─┛~~



kennのスロプロ裏ネタ帳




復活の呪文って、今考えると凄いシステムですよね ( ̄▽ ̄;)
セーブデータ用に生成されたひらがなをユーザーにメモらせるワケですから。よくこんなシステムがまかり通ったなと思います。



しかもドラクエⅠなら復活の呪文も少ないのでまだ許せますが、ドラクエⅡはもの凄い文字量の復活の呪文で、写し間違えれば以前のデータからやり直し。
間違えた際には子供ながら生きてることが嫌になるぐらいショックを受けた記憶があります。



そして私も今でも覚えている呪文をば…。


ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺぺぺぺぺ……
(以下最後まで「ペ」)




確かこの呪文だと、ストーリーがほとんど進んでいない状態でローレシアの王子Lv48だったような気がしますw
これ以外にもはかいのつるぎの攻撃力ではやぶさのけんの2回攻撃特性をバグらせる裏技なんかもありましたね。



今のゲームの裏技はだいたい、元々プログラムされている隠しキャラだったり隠しアイテムだったりしますが、昔の裏技は今のそれとは全くの別物。記憶に残っている最もインパクトの強い裏技は、『ファミリーテニス』をプレイ中、電源を入れたままソフトを抜いて『ムサシの剣』を差し込むと、バグって主人公ムサシが無敵になる…というものです。冷静に考えると、もの凄くアナログ的な発想ですよね (;・∀・)



そんな昔からゲーマーな私は、相も変わらず現役で、現在は『DIRGE OF CERBERUS FINAL FANTASY Ⅶ』を早々に済ませ『新・鬼武者』にドップリ浸かっている次第です。



今回の鬼武者は、シリーズで最も一閃が出しやすくなっています。入力タイミングはかなりアバウトで、△ボタンで鬼戦術を出したあとに□ボタンを連打しているだけで連鎖一閃が発動。そのぶん攻撃力は極端に下がっているので、魔空空間では一閃だらけでクリアするハメになるでしょう。ま、確かにキャッチフレーズの『ズババババッサリ感』は出てると思いますが。



にしてもカプコンはキャッチフレーズの付け方が上手いですな。今回の鬼武者もそうですが、Devil May Cry3の『楽しすぎて狂っちまいそうだ!!』というキャッチも、主人公ダンテの性格を表していて格好いいです。編集業ではこういったキャッチも付けなければならないので、非常に勉強になりますね。




勝とうぜプロのブログも

応援よろしくお願いしますm(_ _)m

↓↓↓

■□■人気blogランキング■□■

[PR]
by ryuji_kawamura | 2006-02-12 03:25 | コラム
<< ダウンロード始めました!!   『ニュー島唄30』 攻略ネタの真偽 >>