川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest by Ryuji Kawamura
川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest

川村龍二の攻略ブログ

 パチンコ・パチスロの攻略プロとしての経験を活かし、ライター業や雑誌編集業も務める。現在、TVやホールイベントなど様々な分野で活動中。
ブログトップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ポパイ初打ち
 今月の仕事は、残るところ原作のみとなったので、風邪気味の体を引きずりながら打ちに行きました。適当に立ち回り、マイナス10000円でショゲていたところ、さほど稼働していないポパイに目が止まったので打ってみることに…。
 5本目でビッグを引くものの、ダラダラと過ごすこと4時間…。この間、単発のポパイチャンスに2回しか入っておらず、そろそろヤメようかなと思った矢先にポパイチャンスが連チャンし始めました。が! スルーしまくるは、当たってもバケばっかで全然増えない…。結局、19時頃まで打ってポパイチャンスには32回突入し、解除できたのはたったの5回。しかも4回はバケでした…。しかも、ビッグ中にホウレン草を引いても、な~んにも起こらないし…。普通の人なら4000枚ぐらいお持ち帰りできたんでしょうけど、私は4万もガミりました。正直、生きているのが嫌になりましたね…。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-02-27 04:33 | コラム
またやっちまった…
 ここ最近は、忙しいなか合間を縫って打ちに行っているんですが、2回連続で「ボンバーパワフル」の⑥を捨ててしまいました…。基本的には朝イチ100Gまで打つというセオリー通りに立ち回っているものの、なかなか上手く引っ掛かってくれないんですわ、これが。前回捨てた時は、その次に座った「森の石松」も⑥だったので、ま、ま、結果オーライ。しかし今回は立ち回り的に芳しくなく、結局、7000枚出ている捨てた「ボンバーパワフル」を背に、たかが1万円を握りしめて帰るハメに…。目の回るような忙しさだった2月もなんだかんだでもうすぐ終わり。今月は4日間しか動けなかったけど、来月こそはマジメに打とうと思っています。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-02-23 02:21 | コラム
1ヶ月間の闘病
 尿毒症に掛かっていたウチの子猫が、先日息を引き取りました。尿毒症による腎不全も改善されて経過は良好だったのにも関わらず、急に目が見えなくなるという症状が出てきて、それが直接的な死因となりました。設備の整った動物病院で診てもらうも、原因が判らないとサジを投げられ、向かった先は大学病院…。脳神経系の病気と判明し、医師に告げられたのは、「手の施しようがない」という言葉でした。
 この次の日の朝。目が覚めてみると、子猫は私のベットに潜り込んでいました。普段はそんな事しないし、ましてや目が見えないのだから…と不思議に思っていると、なにか様子がおかしい…。よく見てみると、虚ろな目をしながら失禁していたのです。明らかに危篤状態だったので急いで動物病院に運び、医師と相談して安楽死を選択しました。最期にこの子が取った行動は、せめて死ぬ時は飼い主の側で…というものだったのかもしれません。
 10ヶ月間しか一緒に過ごせなかったけど、いろいろな思い出ありがとう。そして、お疲れさん…。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-02-15 02:38 | コラム
近況報告
 1月下旬から現在に至るまで、一度も打ちに行ってないです…。猫が病気に掛かったことも原因の一つではあるんですけど、それとは別に、勝とうぜ.comのサイトリニューアル用にプロの紹介文やらサービス案内などの文字校正、また、デザイナーとの打ち合わせ等々、ライター業として忙しい日々を過ごしています。その他にも、新たに参加するプロへのアポイントや、相互リンク依頼もやっており、ほとんどカンヅメ状態…。こんな状態が続くと、無精な私でも、流石に外に出たいなぁ…と思ってしまいます。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-02-09 23:01 | コラム
攻略ネタ奮闘記⑦
 次の日も同じメンツが風神雷神に座っていました。そこでホールが取った行動はクーラー攻撃。このシマだけ有り得ないぐらい温度が下がり、夏にも関わらず、皆さんブルブル震えてました。夏だけに薄着をしている人がほとんどだったから余計です。私の横には「プレジデント福ちゃん」が座っており、「BETランプが暖かいよ」など、なかばネタよりも寒さを凌ぐ方で精一杯だったのを覚えています。
 結局、翌日には全台レディース台になって実質的なシマ閉鎖となりました。私達はやりませんでしたが、他のプロは女の打ち子に打たせてたらしいです。それほどまでにネタ屋というのは貪欲でなければならないのだと、ある意味勉強になりました。
 その後は八千代や東十条でも追い続けてみたものの、どうやら対策Ver.が出たようで、周期がランダムなこと、状態が極端に短いことなどで、このネタも実質終焉を迎えました。私は一番動かなく、このネタでは180万しか稼げませんでしたが、皆勤賞の仲間は300万以上は稼いだみたいです。なんにせよ、このネタだけでウチのグループは1000万以上儲かったので、攻略ネタの破壊力というものをしみじみ感じたネタ屋デビューでしたね。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-02-07 16:28 | 攻略ネタ奮闘記
攻略ネタ奮闘記⑥
 だんだんとネタも広まり、首都圏の攻略プロが一斉にやってきました。幸い、ほとんどが同じ組織の人間だったので、特に揉めることもなく事は進みましたが、よっぽど飽和状態だったんでしょう。あれだけ台数があったのに、瞬時に全台埋まりました。そこで慌てたのはホール側。今まで5~6人の攻略プロが抜いているだけだったのが、全台プロ、しかもガラの悪い方達ばかりなんですから。お決まりの「カラ回しやゆっくり打ち禁止です」と注意するものの、そこは経験豊かなネタ屋の方達。台に貼ってある「当店ではカラ回しやゆっくり打ちは禁止しています」というシールを指摘されても「オレは中卒だから漢字が読めねーんだよ」など無理矢理ゴネていました。状態以外の暇潰しも様々で、なかには食事休憩札を立ててピンサロに通っていた強者もいました。(続く)
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-02-03 23:12 | 攻略ネタ奮闘記
攻略ネタ奮闘記⑤
 徐々に時間、カラ回しに秘密があるんだろうと気付いた店員。「雑誌は読まないで下さい」「カラ回しはしないで下さい」とうるさいぐらいに言ってきたので、「何でカラ回しをしちゃいけないんだ」と少々店員と揉めました。最終的には「じゃあ、カラ回ししなけりゃイイんだな」ということで、リールが自動的に止まる40秒(だったかな?)いっぱいに使い、ゆっくりと打ち始めることに…。すると、今度は「ゆっくり打たないで下さい」と言われたので、「ジイさんバアさんはゆっくり打ってるのに、何でウチらはゆっくり打っちゃいけないんだ」などとゴネて、何とか難を逃れました。
 一番苦しかった言い訳が「目押しの練習してるんだよ」。通常時はわざと下手くそそうに振る舞っているのにも関わらず、状態の長さも時間で決まっていたので、状態の時はここぞとばかりに超正確かつスピーディーにビッグを消化するんですから笑えます。しかもビッグ中は超速で打っていると小役ゲーム数が判らなくなる(BET時に消える)ので、隣の仲間にナビゲートしてもらうなど、明らかに素人技ではないことをしていましたし。(続く)
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-02-01 07:10 | 攻略ネタ奮闘記