川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest by Ryuji Kawamura
川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest

川村龍二の攻略ブログ

 パチンコ・パチスロの攻略プロとしての経験を活かし、ライター業や雑誌編集業も務める。現在、TVやホールイベントなど様々な分野で活動中。
ブログトップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ポパイが意外と…
 これまた不思議と相性がイイみたいで…。ポパイチャンスには難なく突入するので、あまり負けた記憶がないんです。ただやはりヒキ弱の運命か、この前も夕方から打ってビッグ12回に対し、2パンが9回もありました。ポパイチャンスも、回数は引けても解除がサッパリですし。そういえば、この前通常時に「ファンファーレ」が鳴ってホウレン草。そしてポパイチャンスが連チャンするのかと思いきや、単発終了…。あ~、早く普通のヒキに戻りたいです。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-03-27 02:12 | コラム
鬼武者3
 「勝とうぜ.com」の日記でも書いた通り、今日「鬼武者3」を打ったんです。ゲーマーの私から言わせれば、あんなの鬼武者じゃない! ビッグ中は鬼武者らしさを見せてくれるのかと思いきや、何ですかアレは…。赤7ビッグ時の左馬介はジッと待ってるだけ。当然私は「一閃」を狙ってるのかと思って期待して見ていると、ザクッと通常攻撃で足軽倒してるし…。それ以上に、ボスキャラに弓矢ってナンデスカ? 私が思い描いてた「鬼武者3」は、もっとこう、激しいエフェクトでカッコ良く見せるものだと想像していました。完全に期待ハズレです。アレならまだアルゼの「二代目五右衛門参上」のビッグ中の方が断然良かった…。「一閃こそ鬼武者」と思ってる私が、もし制作者サイドだったら、ボスとの対決も手数を多くして、ストップボタンを押すタイミングで「一閃」が出るようなシステムにするのになぁ…なんて思ってしまいます。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-03-23 02:36 | コラム
攻略ネタ奮闘記⑤(コア)
 さて困りました。徐々にシマ閉鎖が相次ぎ、設置店がなくなってきたのです。プロ仲間同士のネットワークを駆使し、最終的に辿り着いたのは池袋のホール。ここはホール公認のもと稼働しており、その代わり全台設定①というところでした。一番私を悩ませたのがクランキーコンドル④⑤⑥イベントで、ネタにいささか飽きていた感もあり、しょっちゅう浮気をしていたのを覚えてます。
 結果的にはこのホールが最後の砦となり、私が通い始めて1ヶ月後にはシマ閉鎖。それもそのはず、某攻略誌にスクープされてしまったからです。とはいっても、私含め攻略プロ達が散々食い散らかしたワケですから、全台①は当たり前。ホール側も当然知ってるので、やれば鉄板でマークが入るこの状況は、ネタ慣れしていない素人の方には厳しい凌ぎとなったハズです。
 この攻略ネタまでは、プロと素人の境界線が確かに存在していました。それもいつしか崩れていくことになるとは…。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-03-16 02:12 | 攻略ネタ奮闘記
攻略ネタ奮闘記④(コア)
 逃げました。全速力で逃げました。隣町までノンストップで逃げました。幸いにも話しかけられたのが座ってすぐのことで、ほとんど投資もしていない状況でしたから被害も少なく済みました。というより、たかが日当6~8万のために揉めて地回りヤクザに拉致られるなんて割に合いませんしね…。なにより驚いたのは、こんな都会で地回りが出てきたことです。地方ならたまにありますが、クリーンなイメージを大切にする繁華街では滅多にお目に掛かれません。後から聞いた話では、そのホール、攻略プロの間では有名で誰も近寄らないそうです。確かに私以外にネタやってる人いなかった…って、そういうことはもっと早く教えろっつーの! (続く)
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-03-13 03:25 | 攻略ネタ奮闘記
攻略ネタ奮闘記③(コア)
 1週間ほど江古田のホールで凌ぎ、次のターゲットは荻窪のホール。普段ならシマ閉鎖まで粘るんですが、このネタ、複合役で取れるだけで、設定が低ければそれに比例して期待値も低くなるんです。なので、新装から間もないホールを転々としていくのが得策。そういった理由で新装3日目のこのホールを選んだのですが、後々面倒なことに…。
 設定状況はまずまずで、安定した凌ぎにも慣れてきたある日の夕方。なにやら背後から異様な視線が…。基本的に攻略ネタをやってる時は、不自然なく店員の挙動を観察するため、台の盤面を鏡代わりにして様子をうかがうのですが、この視線の先を辿ってみると、そこには誰がどう見てもヤ○ザなオジ様が腕を組んで立っていました。こんなバイオレンスなプレッシャーのなか、なんとか凌ぎきったものの、次の日は言わずもがなの鉄板マーク…! ついには「チト来てくれんか」の一言。…あわわわ。(続く)
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-03-11 02:47 | 攻略ネタ奮闘記
攻略ネタ奮闘記②(コア)
 導入からまだ間もなかったので、最初のターゲットは江古田のチェーン店。この、マイナー店を選択したことが吉と出たのか、新台だというのに空き台ばかり…。早速席を確保し打ち始めると……確かに取れる! しかもメイン小役が6枚役だから出現確率はかなり高く、50G/千円というハイアベレージに、またもネタの破壊力を実感しました。
 しばらく打っていると、一人のイカツイ兄さんが私の横に座り、こう話しかけてきました。「どうだい兄ちゃん、その打ち方だと取れるかい?」。私はすぐに同業者と気付き、軽く会釈をしました。というのも、同業者であればネタ元も一緒の可能性があり、特に揉める必要がなければ穏便に済ませる…それがネタ屋の常識なのです。その後もちょくちょく話しかけてくるものの、その兄さん、肝心の目押し力がてんでダメで、1回も複合として取れていない…。数十分後、おもむろに席を立った兄さんは、「んじゃ、がんばれよ!」とカッコ良く去っていきました。…え、一体何だったの? 今でもその疑問は解決していません。(続く)
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-03-09 00:25 | 攻略ネタ奮闘記
攻略ネタ奮闘記①(コア)
 「風神雷神」のタイマーネタから数ヶ月…。いつものように凌ぎを終えて家路に着く途中、親方から一本の電話がありました。滅多に電話してこない方だったので、「もしや…?」と思い取ってみると、やはり攻略ネタが上がったとのこと。今回のネタは岡崎産業の「コア」という設置店もそこそこの機種で、パチスロ攻略誌の某プロから情報提供があったらしく信憑性も高いかったので、迷わず動くことにしました。
 このネタは、リール配列上6枚小役のプラムとレモンが並んでいて、逆ハサミ打ちをすると12枚の複合役として取れるというもので、早速設置店を探して打ちに行ったのはイイのですが、他のプロ仲間達はなぜかみんな揃って帰郷していたので、結局独りで実践することになりました。(続く)
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-03-07 03:34 | 攻略ネタ奮闘記