川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest by Ryuji Kawamura
川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest

川村龍二の攻略ブログ

 パチンコ・パチスロの攻略プロとしての経験を活かし、ライター業や雑誌編集業も務める。現在、TVやホールイベントなど様々な分野で活動中。
ブログトップ
<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
大崎一万発氏の…
 本日は勝とうぜ.com所属プロ『七瀬はな』さんがPブレストの収録していたので、収録後にひやまっちさんと勝とうぜ経営陣を含め一緒に飲むことに…。

 収録を終えた大崎一万発氏も途中参戦し、楽しい飲み会となったのですが、よくよく考えてみると大崎さんが勝とうぜの日記を半年以上アップしていないのを思い出し、ここぞとばかりに私のモバイルPCにてその場で日記を書いていただきました。

 内容はともかく、大崎さんのプレミアム日記が勝とうぜにて掲載できるので、大義名分を果たせホッと一息。

 隣のひやまっちさんが、大崎さんに無理矢理書かせている感が出ていますね。
b0055914_13584776.jpg

人気blogランキング

[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-29 05:35 | コラム
設定変更後の挙動
 昨日は竹書房の原稿を徹夜で仕上げ、そのまま朝から打ちに行きました。当初は『ヒデキに夢中』の⑥でも狙おうかと思っていたのですが、またバケに偏られるのが嫌だったので、仕方なく1/4で⑥入りと謳われていた『北斗の拳』のシマに…。

 イベント自体にガセは多くても⑥はそこそこ入れてくるだろうとシマをチェックしてみると、朝イチ何故か1Gだけ回ってある台が多数。おそらく回した人間はリールのブレで設定変更を見抜こうとしたんでしょうけど、こういった中途半端な知識から客層のレベルの低さが窺えます。

 そもそもアルゼ・サミー系の機種で使えるリールのブレによる設定変更判別は…
1.設定変更後1Gも回さないホール
2.設定変更後リールを動かさない

というのが第一前提です。

 例え1Gも回していないホールでも、朝イチ777になっていれば設定変更の有無に関わらず、必ずリールはブレてしまいます。また、朝イチ777になっていないホールでも、設定変更後に1G回していれば、客が打つ1G目にはリールはブレません。このように条件が限られているため、実質この判別法を使えるホールはなかなかありません。

 朝イチ777になっていないホールを見付けたら、閉店間際に翌日イベント予定のシマの最終出目をチェックしてみてください。次の日も同じ出目で設定変更されてたら、そのホールではこの判別法が使えます。朝イチたった3枚で判別できるので、もし使えるホールがあれば立ち回りに大きく貢献してくれることでしょう。

 そんなワケで、北斗のシマが色々食い散らかされていたなか、1Gしか回していない台に着席。打ってみると…明らかに高確! そのまま打ち続け、BB後の高確移行率・小役確率共に⑥っぽい挙動。夜には⑥札も刺さって、最終的にはBB155回で9600枚獲得! 少しダラダラ打っていたので8500Gしか回せなかったのと、BB中に閉店を迎えたことが唯一の心残りでした。

たいしたコラムではありませんが、たまにはクリックしてやって下さいまし…。
人気blogランキング

[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-27 14:47 | コラム
ヤツらが私を…
 勝とうぜ.com 所属の『七瀬はな』と『kenn』が、何故か私の人気blogランキング順位に対抗意識を燃やしているみたいなので、慌ててblogを書いている次第です。と言うか、二人にはCSTV出演のセッティングしておいたんですから、心配せずとも放映された瞬間から一気に抜かされますよ。

 実は竹書房のコラム〆切が今日なんですが、全く思い浮かばずボーッとネットを見ていたら、なんか変なタイトルのblogを発見! 一人で大爆笑していました。あまりネットの知識がないので知りませんでしたが、最近有名になってるみたいですね、このblog。

がんばれ、生協の白石さん!


 おそらくこの白石さんという方は天才です。私も勝とうぜ.comの管理人として、こういった丁寧でユーモアのある返信ができれば良いのですが、これほどの返答をするにはボキャブラリーが足りなさそうです。とにかくこのblogは見ておく価値はあると思いますので、知らない方は是非見て下さい。

 現在勝とうぜの事務所に『ヒデキに夢中』の目覚まし時計があります。何気にチョット欲しかったりもしますが、勝とうぜユーザー様にプレゼントしようかどうか迷っています。ユーザーの方がこのblogを見ていましたらご意見下さいまし。

 ちなみに『押忍!番長』の目覚まし時計は…

キャデラック加藤氏

九州某パチプロ氏

のお二方に持って行かれました。

恨むなら彼等を恨んで下さい。



七瀬さんやkennさんも登録しているのでクリックしてやって下さい

人気blogランキング

[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-25 13:59 | コラム
エヴァンゲリオン(ビスティ)
 注目の5号機として導入されてから3日。設定5・6のボーナス確率が同一にも関わらずPAYOUTに差が付いていることから、通常時の小役確率が違うと予想していましたが、実際にはかなり微妙ですね。下記の通りベル・スイカが判別対象には若干なるものの、看破とまではいかないようです。素直にBIG・REG確率から推測するのが無難…!?
 ただしこの情報は勝とうぜ経由で入手したものではないので、数値に誤差があるかもしれません。参考程度に留めておいて下さい。

BIG確率
設定1 1/452
設定2 1/428
設定3 1/397
設定4 1/374
設定5 1/358
設定6 1/358

REG確率
設定1 1/1310
設定2 1/1237
設定3 1/1170
設定4 1/1110
設定5 1/1057
設定6 1/1057

PAYOUT
設定1 96.0%
設定2 97.9%
設定3 100.4%
設定4 103.1%
設定5 106.0%
設定6 109.0%

ベル確率
設定1 1/7.20
設定2 1/7.20
設定3 1/7.20
設定4 1/7.12
設定5 1/6.97
設定6 1/6.55

スイカ確率
設定1 1/128.0
設定2 1/120.9
設定3 1/114.6
設定4 1/108.9
設定5 1/103.7
設定6 1/100.0

人気blogランキング

[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-23 09:29 | コラム
設定④⑤⑥の麻雀物語でも…
 あえなく撃沈しました…。朝イチは『ヒデキに夢中』の⑥っぽい台を打っていたものの、BIG3回に対してバケ16回と恵まれない展開でズルズル引っ張られ、終いにはチャンス目6連続移行ナシで、⑥っぽかった台が真っ逆さまに! そのまま呑まれホールをぶらぶらしていたところ、④⑤⑥札の付いた『麻雀物語2』が空いていたので迷わずゲット! 過去の履歴を見てもそこそこ連チャンしていて、なおかつ600G以上ハマっていない台だったことから、130Gヤメではあったものの、そこそこ期待しつつ打ち始めることに…。
 打ち始め早々に斜め竹揃い! 解除かと思いきや、あっさりスルー。流石ヒキ弱です。その数十G後にまたもや斜め竹揃い! 今度は何とか解除…ってバケっスかぁ。バケは連チャンモードに移行しにくいというのは覚えていたので、消化後、期待しないで回すこと56G目。特に前兆っぽい演出もなくリーチ目出現! んでまたバケ。その後もバケバケバケバケのオンパレード。展開は最悪だけど、この数珠連は連チャンモード…!? なんて思っていた矢先にトドメのバケ。そして…128Gスルー。はい終了~。
 落ちにくいバケからでも見事に落ちる私は、きっと何かに呪われているんでしょうね。それにしても今日はバケを23回も引くとは…。多分人生で初ですよ、こんな展開。つーか黒い絵柄、もう揃えたくないです。

人気blogランキング

[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-22 05:48 | コラム
起死回生
 ここのトコ、収支的にはショボイながらも何とか全勝に持って行けています。そのほとんどが、朝から打って夕方頃にはマイナスだったのにも関わらず、そこから起死回生の立ち回りでプラス収支になっているんです。つい昨日も-30.000円負けの状態から、設定6であろう祭りの達人で+32.000円と、夕方からの立ち回りだけで助かっています。だったら夕方から打てば…と少し考えてしまいましたが、朝からの状況把握があるからこその夕方の立ち回りなので、そこは仕方がないですね。何にせよ負けてないことが唯一の救いです。
 さて、皆さんもお気付きになっていることでしょうが、最近「人気blogランキング」というランキングサイトに登録してみました。正直、宣伝をほとんどしていないこのblogを、一般の方達に見てもらうなどとはおこがましいばかりではありますが、そろそろ私も真面目にメディアに進出していこうかと考えています。「仕方ねーからクリックしてやるか!」という奇特な方がいらっしゃいましたら、下のリンクをクリックしてやって下さい。

人気blogランキング

[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-20 02:54 | コラム
番長13連チャン!
 データベースも一段落(?)したので、朝からホームへと向かうことに…。F店が「押忍!番長」のオール設定イベントをやっていたので、台をじっくりと選定…。前日もオール設定イベントを開催していたこともあり、据え置き臭い挙動の台が多かったことから、前日170Gヤメで、当日363G(ノーボーナス)の台をチョイス。据え置きなら、併せて550Gのゾーン間近ですからね。
 打ち始めてみたものの、併せて663Gはあっさりスルー…。ヤメようかどうしようか葛藤しながらも、自分を信じて続行。713G(併せると883G)に特訓演出経由でバケ。バケだからと言ってモードBとは限らないものの、併せた数字とこのバケを考えるとモードBの可能性は高い…つまり連チャンモードへも…!
 やはりというか何というか、その後は怒濤のBIG連チャン。青7も3回(1G連チャンしたのは1回ですけど…)引け、連チャンモードもかなりループしてくれたお陰で一撃4000枚ゲット。様子見がてらしばらく打ち続けてみたものの、挙動から6を判別できるような要素もなく、呑まれるのが恐くなったのでヘタレヤメ。う~ん、番長は意外と相性良いのかも…。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-15 21:48 | コラム
機種データベース
 現在、勝とうぜ.comでの新サービス「機種データベース」を作成中です。パチンコはスペックやボーダーライン、それと肝心なクギ画像を。パチスロは解析値を中心に、勝とうぜ.comで配信した攻略ネタや早期機種情報も掲載予定です。私は総合的な管理者なので、作成に関してはお手伝い程度しかしないつもりだったのですが、何だかんだで結局私が一番データベースのテキストを作成しています…。こういった単純作業は頭が痛くなってくるので苦手ですが、予定より大幅に遅れてしまったので仕方がないですね。今夜は(と言うか、もう朝ですが…)徹夜で作業確定。誰か代わって下さい。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-14 05:05 | コラム
秀樹に夢中
 T店で『カイジ』が④⑤⑥だったので、朝イチ⑥狙いで着席。開始早々からシマのほとんどの台がリセットっぽい挙動を示していたので、まだボーナスの掛かっていない私の台にますます期待は高まる一方! 私と奥から2番目のみが200Gを越え、一足早く向こうがボーナス。一方私の台は…「ざわざわ」なしで256G通過。結局当たることなく終了~。どうせ⑥じゃねーんだったら、リセットぐらい掛かれや…このクソ台。
 状況的に見ても稼働率が高く立ち回れるような雰囲気ではなかったので、近場のF店へ。『秀樹に夢中』のシマを見ると…まだほとんど稼働していない。ってか、12時過ぎても新台が朝イチボーナス絵柄が揃ってるホールってどうかと思うよ…。それはさておき開始4本目にしてチャンス目から解除! 終了後『情熱の嵐』からギャランドゥに移行し、あれよあれよという間に3000枚ゲット! その後はダラダラとした展開だったので、21時過ぎにはヤメ。通常時のチャンス目解除率も良かったし、そこそこ設定は良かったんだろうけど、バケに偏りやすいから安定しているとは言い難い機種ですな。ちなみに、BIG中の実写液晶を見ていると、なぜだか西城秀樹が「アントニオ猪木」に見えてくるのは私だけでしょうか?
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-13 07:21 | コラム
コンスタンティン
 な~んにもすることがなかったので、数日前に買った『コンスタンティン』のDVDを観ました。キアヌ・リーブスと言えば、やはり「マトリックス」のイメージが強く、キャッチフレーズも「天国と地獄のエージェント」なんて、かっちょええ煽りがあったもんだから期待していたものの、内容はアクション性の低いオカルト映画…。しかも聖書などを読んだことがある人間なら登場人物の背景ぐらいは判るとは思いますが、無神論者の多い日本人にこの世界観は理解できないでしょう。ま、私はゲームなどで予備知識があったのでそこそこ楽しめましたが…。
 人物背景を簡単に書くと、大天使長だった『ルシファー(ルシフェル)』が神と対立し、地獄に堕ちて『サタン』となります。その配下にいてルシファーに次ぐ高い地位の持ち主が「悪魔の天使長」と呼ばれるハエの王『ベルゼブブ(バルサザール)』で、作品中よく悪魔の関わった痕跡に虫がいたりするのも、このことを裏付けてるのでしょう。一応ベルゼブブは飛ぶもの全ての王のようですから。
 また、基本的に天使は人間に対して良くは思っていません。ルシファーの下には『大天使ミカエル』を中心に『ウリエル』『ガブリエル』『ラファエル』など四大天使がいて、この作品では『ガブリエル』だけが登場し、人間に試練(という名のイジメ)を与えるべくサタンの息子『マモン』を人間界に導こうとします。ちなみに、あの有名な『アダムとイブ』のイブに禁断の果実を食べるように誘惑した蛇もルシファーです(ルシファーはドラゴンとして描かれることが多い)。あまり関係ありませんが「angel」(エンジェル)はスペイン語だと「アンヘル」と呼び、地獄を否定する「un-hell」という意味も持ってるそうです。
 こんな宗教的な背景があるからこそ、観る人を選ぶ感はあります。スタッフロール後に死んだハズのチャズが…というオマケがあり、次回作に続かせるための布石を作っているところは良かったのですが、今回のようなマッタリアクションのままなら観る気は失せますな。何にせよ次回作に期待! という作品でした。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2005-09-10 05:47 | コラム