川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest by Ryuji Kawamura
川村龍二の攻略ブログ - The blog of Conquest

川村龍二の攻略ブログ

 パチンコ・パチスロの攻略プロとしての経験を活かし、ライター業や雑誌編集業も務める。現在、TVやホールイベントなど様々な分野で活動中。
ブログトップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
爆遊ホールOASIS

やすだ清水町店さんのイベントも無事終わりホッと一息。
SAYAちゃんには色々と助けてもらって、ホント助かりました。
P-martイチオシだけあってエライ可愛いし、
性格もサバサバしていて話しやすい。
ROCK☆BEATに行く機会があったら、
皆さんもぜひとも話しかけてみては如何でしょうか。


とまあ、その次の日は群馬の渋川へ。
パチプロ仲間の数名が中古台業者をやり始めて…
って話は、以前ブログでも紹介しましたが、
その中古台を打てる展示場をとうとう作ったみたいで、
勝とうぜ.comとの提携の打ち合わせも兼ねて取材へと。







爆遊ホール OASIS





展示場という形なので換金はできませんが、
ちゃんとシマになっていますし、データカウンターも搭載。
普通にホールでの感覚と同じように打てる所なんです。
設置機種は数え上げるとキリがない…
それぐらいラインナップが充実しているので、
どんなユーザーでも楽しめるかと思います。


現地に到着するなり最初に打った機種は、
この業界に入るきっかけとなった『風神雷神』
打ち始めてから30分で、シュ! ピョイピョイ! ズガ~ン!
そこからブン回すも状態じゃない…!
そして何故かその20分後に、またもボーナス



………対策Ver.じゃん!


当然、ウチ等がやっていたのは2時間20分Ver.で
この対策Ver.じゃ全く持って意味がないワケで…。


これは流石に意味がないと、結局次に打ったのは『コンチ3の4枚掛け』
CS90という伝説のセレクターを所持しているココでは、
この4枚掛け攻略法も体験できるんです。
手順は簡単。3枚入れた後(BETでも可)に、
レバーを叩いて0.4秒後ぐらいに1枚手入れをする。
するとコインが飲まれてBIGが掛かるというワケです。


今では考えられないでしょうが、
当時はセレクターで役の抽選してたんです。
ユニバーサル(現アルゼ)の「CS90」というセレクターには
在ってはならないロムがガムテープで隠してあって、
それに4枚掛けのプログラムがあるらしいですね。


その他にも、リバティーベルⅢの強制BIG変換打法も。
こちらは1枚掛けでBETボタンを押しながらレバーを叩く。
BETボタンを2~3秒間押しっぱなしにしてから離す。
ハサミ打ちで中段以外に7をテンパイさせて、
その状態で2枚手入れすると……3枚掛けになる。
あとはテンパイラインに7をビタ押しで、
ちゃんとBIGが揃って、何事もなかったようにスタートするんです。
ま、リールが回っているのに2枚手入れすると、
1枚→3枚掛けになるって…アホでしょ、この台。


まだまだサファリの1枚掛けREG→BIG変換打法や、
最近では、『インディジョーズ2』の青7・青チェリー・赤チェリーの
ランプ判別法などが実践できます。
当然サミー系のコピーもできますので、
攻略法を体感したい方は遊びに行っては如何でしょ。
もちろん攻略法だけではなく、
0号機から4号機まで紹介しきれないぐらい台数があるので、
珍古台ファンにもたまらないかと思います。


近くには渋川温泉、伊香保温泉、草津温泉がある観光地ですし、
旅のプランに組み込むのも良いかもしれません。
ただし完全予約制なので、行く際には事前に予約が必要です。
上記のHPにて確認してくださいね。


今回は勝とうぜ.comの筋肉馬鹿ナイスガイkenn君と
一緒に取材に行ったのですが、
帰りにOASISの皆さんと一緒に飲んで、軽~くへべれけ。
なんかバンドやりたいなんて言っていたけど本気なのかな?
もしやるならベースで手伝ってあげるよ。
本来のパートじゃないけど……w


それよりも飲みの最後に勃発した「kenn」vs「KOZY」の
確率論・収束論バトルは面白かった。
やはりパチプロが集まると、こんな話題で盛り上がるのね。
ちなみに、本当は写真をアップしたかったんですけど、
もらったCD-Rにちゃんと焼けていなかったようで、
データがなかったですよ、スタッフさ~ん!
[PR]
by ryuji_kawamura | 2006-07-31 16:04 | コラム
勝とうぜの新HP

色々と下準備をしていたにも関わらず、
いざアップとなったらリンクミスばかり。
ここら辺はデザイナーに修正依頼しているので、
早急には対処してくれそうなものの、
新コンテンツ部分の記事モノをが未だ完成しておらず。
時間を見ながら修正しようかななんて思っていた矢先、
明日P-martのイベントに参加すること、すっかり忘れていました。




P-mart ROCK☆BEAT

やすだ清水町店HP





パチスロの台数は80台とかなり少なめですが、
ちゃんと1/4で設定6が投入されています。
それに今までイベント参加して思ったことは、
パチンコの方もかなりベースが高い調整にしているということ。


前回やすだ相模原店さんで参加した時は
目の前の大海物語がかなりガッパリと開いていましたし、
今回はパチンコ台数が圧倒的に多いということからも、
パチンコも選択肢に十分入るんじゃないでしょうか。


というワケで、明日はP-martイチオシの女流プロSAYAさんとのタッグ。
イベント参加は約1ヶ月ぶりなので、喋れるかどうかかなり不安です…。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2006-07-27 21:30 | コラム
ペルソナ3

ここ一週間ぐらいずっと風邪気味で、
家でジッとしていることが非常に多い…。


実戦以外の仕事の大半は家宅作業ゆえ支障を来すことはなく、
合間を見ては家でのんびりとペルソナ3三昧。
キリスト教・ユダヤ教・仏教などの神や悪魔が登場するこのゲームは、
単にRPGという枠にはとどまらず、雑学的な要素も充分含まれる。


また、ゲームクリエイター側の発想もかなり個性的…もとい奇抜。
主人公及びその仲間達は、もう一人の内なる仮面の自分
『ペルソナ ( persona )』を宿し、それを駆使して敵と戦うのだが、
その召還方法が面白い。


今作では『自らの頭を銃で撃ち抜くことでペルソナが発動』
するという、あまり王道的なRPGでは見掛けない自虐的な設定。
しかも戦闘シーンのBGMは


♪Fu Yeah~  daradadan baby baby~♪


という倖田來未系の女性ボーカルが軽快に歌っている。
元来RPGはどれもオーケストラがBGMとして採用され、
それこそパイオニアである『ドラゴンクエスト』の影響が強い。
だからこそこういった選曲は、新たな世代へ、
平たく言えば私達よりも若い世代をターゲットにしているのかもしれない。


ちなみに、このペルソナ(persona)という言葉、
文字を見れば分かる人も多いと思うが
『個性=personal』のラテン語である。


にしても、戦闘中の仲間AI(人工知能)は馬鹿でイライラする。
ほぼ全員が疲弊しているにも関わらず、
SP残量もかなりあるにも関わらず、
全体回復魔法を持っているにも関わらず、
決まって使うのは









ディアラマだ…

(回復・中 単体)





何度、(゚Д゚)ハア? って思ったことか…。
特に戦闘難易度の高いこのゲームは、
1ターンで一気にピンチに陥ることも多々ある。
そのため余力があるなら常にHP全快にしたいのだが、
AIはそうは思ってはいないみたいだ。


この先もっと強い敵がいるというのに
この馬鹿と一緒に行動をしなければならないと思うと頭が痛い。
クリアできるのはいつになるだろうか…。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2006-07-23 23:56 | コラム
北斗の拳SE解析値

昼過ぎに北斗の拳SEの解析値を入手したので、
勝とうぜ.comのデータベースに何とかアップ…。
今やっと、その他諸々の作業を済ませてホッと一息です。


入力しながら思ったのは…もの凄く辛いんだなってこと。
技術介入込みでの設定6の機械割が117%あると
信頼できる某筋から聞いていただけに、この数値を見て愕然です。


一気に50台導入!!
なんてホールは今後見掛けるでしょうが、こりゃ確実にヤバイ。
まず持って3ヶ月。ヘタすりゃ来月にも客飛ぶんじゃないかな…。
『今年いっぱいは北斗SEで何とかなる!!』と
楽観視している出版社とホールは、総崩れの恐れも…。
やはりそう思わせてしまう最大要因は
スペックの辛さにあるかと思います。


モンスターマシンとなってしまった前身機がゆえ、
どうしても設定6の119%というハイスペックと比較対象になる。
なおかつ演出面でも進化を求められてるにも関わらず、この中身。
プロはおろか、ライトユーザーも取り込むのは難しいかもしれません。


皆さんは北斗SEについてどう考えているのでしょうか?
出版業界に携わっている者として、
参考にご意見お聞かせ下さいませ m(_ _)m
[PR]
by ryuji_kawamura | 2006-07-20 05:43 | コラム
裏ネタ回胴記

7月10日発売の『パチスロ実戦爆裂テク』をもちまして、
裏ネタ回胴記が連載終了となりました。
20回も連載できたのは、
ひとえに読者の方々の応援あったからこそかと思います。
ご愛読本当にありがとうございましたm(_ _)m


さて今後の予定ですが、
パチンコ漫画誌の原作と、パチスロ漫画誌のコラム・原作を
手掛けさせていただくことになっています。
特にパチンコの方は初挑戦なので右も左も分からず、
手探り状態でダミーを提出したので、通ったのかどうか心配です…。


ちゃんと予定通り進行するようでしたら、
どちらも9月頃発売予定ですので、
興味のある方は是非とも読んで下さいまし。


その他にも、現在、一般誌向けの原作を思案中…。
もちろんパチンコ・パチスロ業界のことなのですが、
一般誌ということで、知らない人でも読める内容にするつもりです。
ま、私が書くとなったらディープな裏業界のことでしょうけど…。


とにもかくにも出版業界での仕事の話が
立て続けに入ってきてしまったので、最近は打ち合わせだらけ。
そして一番怖いのはコーヒーを一日10杯近く飲んでいる自分です。
コーヒーは大好きなんですけど、多量のカフェイン摂取で不眠症気味。
眠いような眠くないような…そんなボーッとしている状態では
原作どころじゃないですね。
早めに元の生活に戻さないと…。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2006-07-12 00:30 | コラム
スプーン不足

本業なのか副業なのか自分ですら判らない出版関係の仕事。
とりあえずどんな仕事にも全力投球を心掛けているものの、
こういったモノは脳の疲労が絶えません。
特に原作は頭の中で漫画を作っていくので、
コマ割からキャラの表情まで全て想像して書くんで尚更です。


そういう状況下において最も必要なのは甘いモノ。
とは言っても和菓子(あんこなど)は全く食べれず、
ケーキも最後まで食べると吐き気がしてくる拒絶ぶり。
なもんで最近ではハーゲンダッツで脳ミソを活性化しています。


特に好きなのが『ブルーベリー』と『グリーンティー』で、
どちらもかなりのお気に入り。これを食べながら考えると、
今まで詰まっていた部分に光明が差し込むんです。


かくいう自分は、ハーゲンダッツは否定派でした。
だってね250円もするじゃないですか。
100円のアイスと何が違うんじゃ!! と、思っていたのですが、
気が付いたらハーゲンダッツ以外のアイスはここ数年買っていない…。


値段が250円ということがやはり一番のネックだったのに、
コンビニに行けば当たり前のようにカゴの中。
値段を全く気にせず買えるようになったことに、



ああ、俺も大人になったなぁ

( `‐ω‐´)y─┛~~フッ




て思ってしまいます。
それでも4個(計1,000円)以上は恐ろしくて買えないですが (ノ´∀`;)


ハーゲンダッツに関することで一番腹の立つことは、
コンビニの店員がスプーンを入れ忘れること。
そのまま袋を渡されたら流石に『スプーンちょうだい』と言いますが、
一番タチが悪いのは、それが透明なプラスチックの安物だったとき。




ハーゲンダッツ専用のスプーン

ちょーだいよ!! ヽ(≧Д≦)





と心の中で思ってみても、小心者の私には言えません。


けど最近はその回避法を発見!!
プリンだのヨーグルトだのスプーンが必要な商品をまとめ買い。
すると店員が『めんどくせーから適当に入れるか…』と
数以上のスプーンをドバドバと入れてくれるんです。
ま、近くのコンビニの店員 “橋本君” だけですが (*´∀`)ノ


橋本君を見掛けるたび、『うっし!! まとめ買いだ』と
タバコ2カートンや大量の必需品(?)で混乱を誘い、
彼のドバドバスプーンをかな~り期待。


やはり大人買いにはそれ相応の特典がないと…ね。
[PR]
by ryuji_kawamura | 2006-07-05 01:08 | コラム